3Dプリンタの出力方式いろいろ

JUGEMテーマ:3Dプリンタ

3Dプリンタというと主に家庭用と業務用がありますが、その中でも比較的身近な家庭用と3Dプリント出力サービスで扱われている出力方式の共通点と違いを簡単にまとめてみました。

共通点
どの方法も共通しているのが作ろうとするデータをスライサーソフトでスライスして各レイヤごとに描画していく点は共通しています。

出力方式
以下が代表的な方式になります。

1) 光造形法(SLA)

レイヤごとに紫外線硬化樹脂をレーザーやプロジェクションで硬化して描画していく。
出力後に未硬化樹脂を洗浄する必要があり形状によってはサポートが付くためサポート痕が残る。
材料はアクリル等


2) 粉末焼結積層法(SLS)

レイヤ高さ分敷き詰められた粉末状の材料をレーザーで焼結して描画していく。
未硬化部分がサポートになるためサポートの必要がないが出力物を取り出す際にデパウダーを行う必要がある。
材料はナイロン、金属等


3) 粉末固着式積層法

レイヤ高さ分敷き詰められた粉末状の材料をバインダーで固めて描画していく。
未硬化部分がサポートになるためサポートの必要がないが出力物を取り出す際にデパウダーを行う必要がある。
機種によってはデパウダー後にコーティングを行う。
材料は石膏等


4) 熱溶解積層法(FDM)

レイヤごとに溶かした材料をノズルから押し出して描画していく。
形状によってはサポートが必要な場合出力後にサポート痕が残る。
材料はPLAやABS等
 


精度
一番良いものから光造形(SLA)、粉末焼結積層(SLS)、粉末固着式積層、熱溶解積層(FDM)のような順ですが、出力する形状、材料、積層ピッチ、変形等で変わってきます。

3Dプリンタとカーボンで花器を作ってみた 3

JUGEMテーマ:3Dプリンタ
花器5

前回の状態からペーパー仕上げをした後にポリエステル樹脂をエアーブラシで吹いています。

その後#1000番前後の耐水ペーパーでサーッと仕上げてコンパウンド仕上げをしています。
 

続きを読む >>