ダイソンのDC48タービンヘッドのラグ用アタッチメントを制作する

JUGEMテーマ:掃除機

 

3Dプリンターで制作したアタッチメントを取り付けたダイソンのタービンヘッド

 


ちょっと前の話ですがダイソンのDC48タービンヘッドをセールで購入しました。

自宅のフローリング部分は普通に使えるのですが、毛足の長いラグに掃除機をかけると吸い付きがよく動きませんでした。
いろいろな角度とスイッチの強弱で試してもかなり筋トレに近い状態に!
モーターヘッドではないのでタービン回らなくても仕方ないかなと思いつつ、モデリング後に3Dプリントして毛足の長いラグ用のアタッチメントを制作することにしました。

 

まずはヘッド部分の採寸ですが、細かく採寸するのも面倒なのでRHINOでPDFの説明書をインポートして実寸と比較してサイドビューの図をスケール調整しました。
左右非対称なのでそれぞれのサイドビューをインポートしました。

 

赤線がインポート後にスケール調整したラインでこれを基にモデリング

続きを読む >>

tello開封の儀-2020

JUGEMテーマ:ドローン

 

0-tello-アイソメビュー

発売されてから2年近く経って偶然telloを見つけました!

 

 

初代AR.DRONEから10年?近く経った気もしますが、当時はかなり面白そうで室内でも楽しめそうと思い、初代AR.DRONEを購入しました。

ホバリングも安定してるしスマホで操作できるのは衝撃的でしたが、室内で遊べるかと言えばサイズも大きく間違えて壁に当たれば風の吹き返しがすごく、発泡スチロールのプロペラガードをバリバリ壊してしまい室内での操縦は断念しました涙

それでも外で操作性は良く楽しめましたが、wifiが途中で切れて墜落なんてこともあり怖くて高く飛ばせず、もともと室内でホバリングが安定して楽しめるサイズのドローンがあればと思い、ちょうど新型コロナの緊急事態宣言の中、何となくドローンをいろいろ見ていたらtelloを発見してしまいました!

 

telloのことをいろいろ検索してみると発売されてからもう2年近く経つようで、かなり今更感がありますが評判もよさそうで「ビジョンポジショニングシステム」によりホバリングも安定してそうで、こういうのを待ってたんだ!と思い購入しました。

 

購入ポイントは他にもありますが挙げてみると

ホバリングの安定性

アプリの豊富さ

プログラミングできる

動画や写真が撮れる

物理コントローラーも使える

シンプルなデザイン

価格

3Dプリンターでアクセサリーパーツを作れそう

などです。

 

専用コントローラーのt1dは時期的なこともあるのか発売からかなり時間が経っても入手しにくいようでビックリですが、時間が経っている分アプリなどもいろいろあるようでまずは本体のみを購入しました。

 

それではtelloデビューかなり遅めですが開封の儀いってみたいと思います。

 

 

2-tello-箱

パッケージは他の開封の儀を見ていると透明なボックスに入っているようですが、2年近く経つようなのでリニューアルされているみたいですね

 

 

続きを読む >>