AR.Drone-box

JUGEMテーマ:3Dプリンタ

普段はディスプレイベースのようなものが多いですが3DプリンタでFRP用の型がどんな感じで作れるか、木目込みや貼りこみに適した接着を試したりもあってこういうのも作っていました。

スマホで操縦できるクアッドコプター AR.Drone のを入れて持ち運びするためのものです。

3Dプリンタ出力品、プリント出力して仕上げた型から成形したCFRP,スライドレール等で制作して、生地部分は全て木目込み処理しています。


drone-1

まずワンプッシュで開きます。
drone-2

AR.Drone本体を取り出しbox本体側面をおりたたんで
dorone-3

box自体はメンテナンスセットや予備のバッテリーを入れてコンパクトにして持ち歩けるようになってます。
drone-4
 

続きを読む >>

fO-Dクラフト 道具と作業手順 SLS(粉末焼結積層)編

JUGEMテーマ:3Dプリンタ

ブログとは別のホームページはこちらになります。

http://studiorevent.com/

 

3Dプリンタと木目込みで作るfO-Dクラフトはお気に入りの生地に両面テープを貼ったものを3Dプリントした木目込ボディに簡単に木目込みできます。



ここではSLS方式(粉末焼結積層)の3Dプリンタで出力したfO-Dクラフト木目込みボディの他に必要な道具や作業手順を紹介します。
出力がFDM方式はこちらになります。
用意するものは下記の道具です。
○厚さ約0.5〜1ミリ程度のお気に入りの生地で貼れそうなもの(例 PVCレザー、スエード、フェルト、不織布、等)。
○強力両面テープ(推奨する両面テープ #8800CH (浅草ゆうらぶで入手可能です。http://www.youlove.co.jp/s-810hd.html))。
○木目込み用ヘラ(生地や作業性によってネンド用ヘラやパテ用ヘラをそのまま又は加工して使用することをおすすめします。)。
木目込み用ヘラを自作する場合はこちらが参考になります。
○はさみ。
○圧着ローラー。
○カッター。
○貼りこみが複数ある場合はマスキングテープ。

 

tool3



 

tool2


 

続きを読む >>