tello開封の儀-2020

JUGEMテーマ:ドローン

 

0-tello-アイソメビュー

発売されてから2年近く経って偶然telloを見つけました!

 

 

初代AR.DRONEから10年?近く経った気もしますが、当時はかなり面白そうで室内でも楽しめそうと思い、初代AR.DRONEを購入しました。

ホバリングも安定してるしスマホで操作できるのは衝撃的でしたが、室内で遊べるかと言えばサイズも大きく間違えて壁に当たれば風の吹き返しがすごく、発泡スチロールのプロペラガードをバリバリ壊してしまい室内での操縦は断念しました涙

それでも外で操作性は良く楽しめましたが、wifiが途中で切れて墜落なんてこともあり怖くて高く飛ばせず、もともと室内でホバリングが安定して楽しめるサイズのドローンがあればと思い、ちょうど新型コロナの緊急事態宣言の中、何となくドローンをいろいろ見ていたらtelloを発見してしまいました!

 

telloのことをいろいろ検索してみると発売されてからもう2年近く経つようで、かなり今更感がありますが評判もよさそうで「ビジョンポジショニングシステム」によりホバリングも安定してそうで、こういうのを待ってたんだ!と思い購入しました。

 

購入ポイントは他にもありますが挙げてみると

ホバリングの安定性

アプリの豊富さ

プログラミングできる

動画や写真が撮れる

物理コントローラーも使える

シンプルなデザイン

価格

3Dプリンターでアクセサリーパーツを作れそう

などです。

 

専用コントローラーのt1dは時期的なこともあるのか発売からかなり時間が経っても入手しにくいようでビックリですが、時間が経っている分アプリなどもいろいろあるようでまずは本体のみを購入しました。

 

それではtelloデビューかなり遅めですが開封の儀いってみたいと思います。

 

 

2-tello-箱

パッケージは他の開封の儀を見ていると透明なボックスに入っているようですが、2年近く経つようなのでリニューアルされているみたいですね

 

 

3-terllo-中身

シンプルな構成で説明書は多言語なので、実際に日本語での説明はほとんどありませんでしたが、これだけ時間が経っているとネットに使い方の紹介がいろいろあるので特に困ることはありませんでした

 

 

実は初代AR.DRONEのあとやはり室内で遊べるドローンが欲しくてtelloと同サイズでカメラのないHubsanも買いましたが自動でホバリングできないのと操作しにくいので諦めました涙

そんなこともありこのサイズでホバリングがどの程度安定するのかちょっと心配します。

 

まずはUSBケーブルに繋いで充電後、早速スマホにアプリをインストールしてwifi接続します。

接続後に早速、離陸してみますがホバリングの安定性にかなり感動!

「ビジョンポジショニングシステム」もしっかり動作しているようでtelloの下に認識しやすそうな物を置いておいて動かすとちゃんと追従してポジションをキープしてくれます。

暗い所だと「ビジョンポジショニングシステム」は上手く作動しないようでその場合はtello全面のLEDがグリーンからイエローの点滅にかわるようですね。

 

この投稿の一番目の写真は勝手にホバリングさせておいて写真を撮ってみました。

エアコンの風などには弱いようで風にあたると流され気味になるようなのでエアコンを消して撮影しました。

 

フリップなどもボタン一つで簡単にできるのにさらに感動!

操作し間違えても比較的ゆっくりしか動かないので、個人的にはとても操作しやすかったです。

 

 

7-tello-リアアイソメビュー

バッテリーホルダーなども売っているようですが新品の状態だとバッテリーが抜けやすいとかはなさそうです

使っていくうちに緩くなるのかもしれませんね

 

 

飛行時間は10分ちょいなのでやはりバッテリーは2~3個は欲しい所です。

純正のアプリ以外だとフェイストラッキングやリターントゥホーム機能などもあるようなので、GPS機能なしでどんな感じなのか今度試そうと思います。

 

 

4-tello-フロントビュー

正面から見ると分かりますがプロペラの頭頂部はひっくり返ってフローリングなどの硬い所に落ちると、もろに衝撃を受けてしまいます

 

 

多少室内でいろいろ試すと、壁にある程度の衝撃で当たるとプロペラの回転が停止して落ちてしまいました。

もちろん安全上必要な機能ですが、何度か落ちて思ったのが意外と逆さになって落ちてしまうことです。

下がカーペットなどならいいのですが、落ちる時に限ってフローリングなどの硬い所だったりします涙

 

今後はプログラミングで飛行させたり、他のアプリのフェイストラッキングやリターントゥホーム機能を試したいですが、思わぬ方向へ飛んで落ちてしまうこともあるのでプロペラガードに追加する感じで3Dプリンターでセミアッパーガードを制作する予定です。

 

他にもtello用のウォールフックなども考えています。

 

 

ハンドメイド主体の作品は

minne https://minne.com/@fo-d-craft

creema https://www.creema.jp/c/fo-d-craft-original

 

ガジェット関連、TELLO関連のアクセサリーは

stores https://fo-d-craft.stores.jp

 

でお取り扱いしておりますのでご覧いただけますと幸いです。

 

 

ホームページはこちら

http://studiorevent.com/

コメント