<< smart base -turn_01f- | main | smart base -tubeo_01f_km_volonoi- >>


2014.10.22 Wednesday

以外と簡単?3DプリンタのABSのアセトンベーパー処理

JUGEMテーマ:3Dプリンタ

最近流行り?の3Dプリンタ(材料はABS)で出力後のアセトン処理ですが、先人の方々の方法を参考に常温でできるアセトンベーパー処理を行っているので紹介してみます。

この方法のメリットはアセトンの量が適当でもアセトンが足りてるかどうかが分かりやすいのと、アセトンが余っても何回か再使用できること、比較的臭いがきつくないこと、進行状況が確認しやすいことです。

デメリットは最初に必要なモノをそろえるのがちょっと面倒なことと処理に時間がかかることです。


必要なモノ
アセトン1

アセトン2

アセトン3
必要なものはアセトン以外は全部100円均一で購入できるものばかりだったりします。アセトンはホームセンターならだいたい扱っていると思います。
上から順に
1出力物とアセトンを入れるトレイが入りそうな容器(PPかガラスの容器)

2ワイヤーアートとかで使う針金(画像はアルミでトレイが乗るように曲げた状態)

3 1の容器に入りそうな底の浅い容器(2で曲げたモノの上に多段で重ねてアセトンを入れて乗せます。)



説明
アセトン4
必要なモノ の中にある1の全てを入れる容器があると分かりにくいので、中身はこんな感じのレイアウトです。
処理後にすぐに取り出しやすいように出力物の下にPP板を置いておくと処理後にすぐ取り出しやすいです。

一番底に出力物、曲げた針金の上にアセトンを入れた底の浅い容器をこの例では3段乗せています。

なんでこのレイアウトにしたかと言うと、気化したアセトンは容器の下に溜まるので、アセトンを上にしました。

アセトンを入れる容器を多段にしているのは、アセトンが気化する際の表面積を増やすためです。多段でなく一段とかでも構わないと思いますが、そうするとアセトン処理にすごく時間がかかるようです。
容器をずらしているのは気化したアセトンが下に行きやすくするためにずらしています。

アセトン5
実際に容器に入れるとこんな感じです。
アセトンを入れて準備したら臭うのですぐにフタをしてます。
アセトンは揮発性が高く、引火性の高い危険物ですので取り扱いの際は、火気厳禁で換気のよい場所で作業してください。
後は望んだ表面の状態になるまで待つだけ。

い
置いておくだけでツルっとなっくれるのは多少形状が丸くなりますがキレイです。

 

 

 

アセトン処理の時間の目安
アセトン処理の時間の目安ですが、これは容器の大きさやアセトンが気化する際の表面積とのバランスで変わってくると思いますが、自分の場合は1時間から3時間くらいかかりますが置いておくだけなのであまり時間は気にしません。
処理後はまだ表面が柔らかいので指紋等が付かないように取り出してから30分から1時間くらいは触らないようにしてます。
取り出し後もさらに表面が滑らかになるようなので取り出すタイミングは慣れが必要かも。

大きすぎない容器にする
出力物に合わせた容器を下記のような感じで用意しています。
アセトン6
これは めん棒 の容器で作ったものでアセトンを入れる底の浅い容器はポテチのフタとpp製のパーケージをカットしてホチキスで容器状にしています。

アセトン7
方法は全く同じ感じです。(これはアセトンを入れる底の浅い容器は二段でやっています。)

う
ホワイト以外は、アセトン処理後にそのまま塗装してます。

低めの出力物の場合
出力物の高さが低くて小さい場合は下記のようにタッパーウェアーの容器にアセトンを適当に入れてpp製のいらないパッケージでゲタを作り、その上にpp製の板をのせそこに出力物を置いています。
アセトン8
pp製のいらないパッケージは厚みがちょうどよくホチキスで簡単に作れるので便利です。

アセトン9
ゲタの上にそのまま出力物を置くと柔らかくなってゲタに刺さるので板の上に置きます。

あ
アセトンが下にあると下のほうからがテカっていきます。


出力時のダマやばり
同じABSでもメーカーや品質によるかは分かりませんが自分の場合は出力時のダマや形状により積層痕が荒く感じるところはサンドペーパーで削ってしまいますが削ったままアセトン処理すると、その部分だけ上手くアセトン処理しきれません。
そんな時は削った部分をアセトンをハケで塗ってからアセトン処理すると上手く処理できます。
ハケは普通のハケを使うと毛が抜けて出力物に付いてしまうので調理用のハケ部分がPET製のものを使用しています。(100円均一で購入。)

後処理
PPやPE製の容器はそのままアセトンに漬けっぱなしにできないのと多少湿気を吸ってしまうのでアセトンは新品とは別の空き缶に保管してます。


 

ブログランキングに参加中です。 ポチッと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

 

 

コメント
コメントする








 
Categories
            
Profile
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM